忍者ブログ

イチマツ。

クロスステッチで花文字やフリーチャートを中心に、 ゆるーくステッチ中。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

みかんと酒粕のサラダ油キッチンソープ。

今回はキッチンソープ用として鹸化率99%の石鹸を仕込んでみる。

今まで手洗い用に使えたらラッキー、くらいの気持ちで
鹸化率90~95%の設定でばかり石鹸を作ってきたけど
皿に潤いはいらないよね、ということで
ディスカウントを1%にしてみる。

レシピ9:みかんと酒粕のサラダ油キッチンソープ
・日清のサラダ油(みかん皮inf) 400g
・水 60g
・苛性ソーダ 49g (DC:1%)
OP 酒粕ペースト 60g 
FO ハニーオリジナル 20滴
(トレース:1時間15分)

石けん用に躊躇せずに使える精油がなくなってきたので
今回フレグランスオイル(↓)を初使用。


キュキュットのロイヤルハニーみたいになればいいな~と買ってみました。
確かに蜂蜜っぽい香りです(↑)。

フレグランスオイルって石けんに何%の割合で入れればいいのか
指標になる数字が見つからなかったので
400gバッチに対して適当に20滴入れてみた。


今回サラダ油の激遅トレース対策に
酒粕ペーストをアルコールとばさずに使用してみる。

今回も酒粕ペーストはオイルに先入れで。

酒粕ペースト先入れ。

苛性ソーダが入る前は酒粕とオイルはまったく混ざらないんだけど(↑)
苛性ソーダ投入後はペットボトル振ってる間に
きれいに混ざっていきます。

酒粕ペーストのアルコールのお陰で
サラダ油オンリーだけど1時間弱でトレース。
フレグランスオイルを投入後、型入れ。

サラダ油オンリーだからどうせ柔らかいんでしょと
型入れからしばらく放置し、5日後保温箱を覗いてみたら
汗をかいてたので(↓)拭き取ってから型出し。

汗かき石けん。

今回も、横の部分が上手く型から離れず、ガタガタでがっくり。
翌日、カット。

みかんと酒粕のサラダ油キッチンソープ。

この写真だとわからないんだけど
まだらにジェル化してる。
以前のシアバターと酒粕の石けんもまだらにジェル化してたから
やっぱアルコールが入ると鹸化反応が促進されて
ジェル化しやすいのかな。

みかんと酒粕のサラダ油キッチンソープ。

今回初使用のフレグランスオイルだけど、
型出し前は全然はちみつの香りはしなくて
入れた量が少なすぎたかとがっくりしてたんだけど
カットするくらいにはかなり控えめに
はちみつの香りがするようになってきました。
乾燥が進むに連れて強く香るようになるみたい。
今回の「400gバッチに20滴」で私には適量かな。

この石鹸の解禁日は4月5日。


400g×5本で、2リットルあった
日清のサラダ油も今回で使いきりです。
(インフューズドオイルにしたとき、
 漬け込んだ粉末に吸われちゃってる分があるので
 使用量は正確には2リットルに足りてませんが)
そして初めて購入した苛性ソーダも今回でほぼ使いきり。
(まだ少しは残ってるけど、石けん1回作る分はなさげ)

1月から楽しんできた石けん作りもここで一旦終了かな。
でも、またやるつもり。
次はココナツオイルとかのオイルを買い揃えて
自己流の適当レシピではなく、
脂肪酸とかのバランスで肌辺りも考えられた
本に載ってるようなレシピとかもやってみたい。
PR

Copyright © イチマツ。 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]