忍者ブログ

イチマツ。

クロスステッチで花文字やフリーチャートを中心に、 ゆるーくステッチ中。

ピンクッションふたつ。2

チャートは前回のと同じく『Alphabet de la Brodeuse』から。
中身もいつもの油つき原毛。



先日作ったやつで、ピンクッションの裏側の生地に
革を使うのが気に入ったので
このふたつも裏側は革を使用(水色と焦げ茶)。

左の茶色と水色のはマタルボンの839とDMCの156。
右の茶色とピンクのはマタルボンの801、223。

ピンクの方、私の写真が下手ってのもあるけど、
アポロチョコみたいにしたかったはずなのにピンクが薄すぎ。
次はもうちょい濃いピンクにしよ。

水色の方も、茶色はピンクに合わせた
マタルボン801の方が良かったな。
(手持ちの茶色の糸をいろいろ試したくて
 違う茶色にしたってのもあるんだけど
 この写真だとアッシュな灰色にしか見えない)

マタルボンの茶色、801とか839とか好きなのに
廃盤決まってるのがツラいです。
PR

ピンクッションふたつ。

久々にピンクッションを新調。



ブルー系のは管理不行き届きで詳細不明になっちゃった糸を使用。
ミシン用なので糸立てに引っ掛けられるように
端革で作ったテープつけときました。

グリーン系のはDMCの3808番と3810番。
針が貫通しないように
裏側の生地をカーキの革にしてみた。
薄めの革にしたからミシンで縫えたけど、
返し口部分はやっぱり手縫いなのでそこだけちょっと大変。
(返し口部分もミシンで一回縫うことで穴を開けて、
 そこに針を通して手縫いしました)

チャートは二つとも『Alphabet de la Brodeuse』から。
中身はいつもの油つき原毛。

なんちゃって革いじり。かごバッグをリメイク。其の2。

以前、持ち手を焦げ茶の革で包んでリメイクした
ナカムラさんで購入のかごバッグ(↓)、

天然素材・カゴバッグ...

天然素材・カゴバッグ...
価格:216円(税込、送料別)



複数買いしてまだあるので今度は黒の革でリメイク。

黒革のポケット。

前回は持ち手を革で包んで縫った、その縫い目が上にくるようにしたけど
(そのほうが指先に縫い目が触れなくて良いかと思ったのです)、
今回は縫い目が下にくるようにしてみました。
(市販品は縫い目が下のものが多いみたいなので)

今回は同じ革でポケットもつけました。
suicaカードがぴったり収まるサイズ。

ひどい縫い目も味に見えたらいいなと
ポケット部分は毛羽立つリネンの糸でざっくり縫い。


使ったリネン糸はこちら(↑)。
編み物やらない私ですが、
この糸はいろんな用途に使えるので愛用してます。


黒革でリメイクのかごバッグ。

反対の面には黒字でステンシル。

厚めの画用紙に文字を印刷してから切り抜き、
かごバッグにマステで固定してから
食器洗い用のスポンジでアクリル絵の具をステンシル。

今回のかごバッグは編地が粗くて
スポンジだけではきれいにステンシルできないので
スポンジで概ねの形が取ったあと
色が乗らない部分は面相筆で塗りつぶしてます。

(スプレーで着色すれば、もっとキレイに仕上がったはず)


マルシェバッグのセミオーダーで名前入れしてくれるやつ、
(ペットの名前とか入れてるのを見かけるよね)
あれっぽくしてみたかったのですが。

文字の意味がわかった方とはお友達になりたいです(笑)

みかんと酒粕のサラダ油キッチンソープ。

今回はキッチンソープ用として鹸化率99%の石鹸を仕込んでみる。

今まで手洗い用に使えたらラッキー、くらいの気持ちで
鹸化率90~95%の設定でばかり石鹸を作ってきたけど
皿に潤いはいらないよね、ということで
ディスカウントを1%にしてみる。

レシピ9:みかんと酒粕のサラダ油キッチンソープ
・日清のサラダ油(みかん皮inf) 400g
・水 60g
・苛性ソーダ 49g (DC:1%)
OP 酒粕ペースト 60g 
FO ハニーオリジナル 20滴
(トレース:1時間15分)

石けん用に躊躇せずに使える精油がなくなってきたので
今回フレグランスオイル(↓)を初使用。


キュキュットのロイヤルハニーみたいになればいいな~と買ってみました。
確かに蜂蜜っぽい香りです(↑)。

フレグランスオイルって石けんに何%の割合で入れればいいのか
指標になる数字が見つからなかったので
400gバッチに対して適当に20滴入れてみた。


今回サラダ油の激遅トレース対策に
酒粕ペーストをアルコールとばさずに使用してみる。

今回も酒粕ペーストはオイルに先入れで。

酒粕ペースト先入れ。

苛性ソーダが入る前は酒粕とオイルはまったく混ざらないんだけど(↑)
苛性ソーダ投入後はペットボトル振ってる間に
きれいに混ざっていきます。

酒粕ペーストのアルコールのお陰で
サラダ油オンリーだけど1時間弱でトレース。
フレグランスオイルを投入後、型入れ。

サラダ油オンリーだからどうせ柔らかいんでしょと
型入れからしばらく放置し、5日後保温箱を覗いてみたら
汗をかいてたので(↓)拭き取ってから型出し。

汗かき石けん。

今回も、横の部分が上手く型から離れず、ガタガタでがっくり。
翌日、カット。

みかんと酒粕のサラダ油キッチンソープ。

この写真だとわからないんだけど
まだらにジェル化してる。
以前のシアバターと酒粕の石けんもまだらにジェル化してたから
やっぱアルコールが入ると鹸化反応が促進されて
ジェル化しやすいのかな。

みかんと酒粕のサラダ油キッチンソープ。

今回初使用のフレグランスオイルだけど、
型出し前は全然はちみつの香りはしなくて
入れた量が少なすぎたかとがっくりしてたんだけど
カットするくらいにはかなり控えめに
はちみつの香りがするようになってきました。
乾燥が進むに連れて強く香るようになるみたい。
今回の「400gバッチに20滴」で私には適量かな。

この石鹸の解禁日は4月5日。


400g×5本で、2リットルあった
日清のサラダ油も今回で使いきりです。
(インフューズドオイルにしたとき、
 漬け込んだ粉末に吸われちゃってる分があるので
 使用量は正確には2リットルに足りてませんが)
そして初めて購入した苛性ソーダも今回でほぼ使いきり。
(まだ少しは残ってるけど、石けん1回作る分はなさげ)

1月から楽しんできた石けん作りもここで一旦終了かな。
でも、またやるつもり。
次はココナツオイルとかのオイルを買い揃えて
自己流の適当レシピではなく、
脂肪酸とかのバランスで肌辺りも考えられた
本に載ってるようなレシピとかもやってみたい。

みかんのキャノーラ油石けん。

自宅で揚げ物をしなくなり
使わなくなってしまったキャノーラ油、
今回はこれを石けんにしちゃいました。

レシピ12:みかんのキャノーラ油石けん
・キャノーラ油(みかん皮inf) 285g
・水 85.5g
・苛性ソーダ 32g (DC:10%) 
EO ゼラニウム 57滴 
(トレース:45分後)

使用済みの油ではないけど
開封済みで長く放置されていたキャノーラです。
それに干したみかんの皮の粉末を2週間漬け込んで
オレンジ色のインフューズドオイルにしました。

新品キャノーラはかなりトレース遅いようだけど
今回のような酸化もしてそうなキャノーラで、
しかもインフューズドオイルにもしてるので
多少はトレース早くなるはず。

そう予測はしてたけど、ペットボトル振り始めて
1時間もしないうちにトレースで予想以上に早かった。

手持ちの柑橘系の精油を使い切っちゃって
石けんに使っても惜しくないのはゼラニウムとユーカリくらいだけど
ユーカリは炭石けんとかにも使ってるので
今回の着香はゼラニウムのみで。

みかんのキャノーラ石けん。

型入れから3日後、かなり柔らかいけど型出し。

キャノーラ油の石けんは柔らかいとか
溶け崩れが激しいとか聞いたような気がするけど
実際のところ、カットした感触も一緒にカットした
紫根石けんに比べるとかなり柔らか。
どれくらい乾燥させれば硬くなるのやら。

みかんのキャノーラ石けん。

この石けんもソーダ灰はなし。
実は前の記事の紫根石けんと
この石けんは同じ日に仕込んだので
保温箱に一緒に入ってたんだけど
それがよかったのかなあ?
(合わせて600gの石けんが一緒に鹸化中ということで
 保温箱の温度が下がりにくく、
 調子よく鹸化が進んだ、とか)
やっぱり石けん作りは500g以上のバッチサイズが作りやすいのかな。
それか保温箱での加温?

異なるオレンジ。

真ん中は先日作った「みかんとホエイのサラダ油石けん」、
こうしてみると今回のキャノーラは結構オレンジ色。


この石けんの解禁日は3月26日。

Copyright © イチマツ。 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]