忍者ブログ

イチマツ。

クロスステッチで花文字やフリーチャートを中心に、 ゆるーくステッチ中。

はちみつ入り紫根石けん。

前回、緑の石けんを作ってみたくて
緑茶をオイルに漬け込んでいたわけだけど
紫の石けんも作れるかな? ということで
生薬の紫根もオイルに漬け込んでいたのでした。

なので今回はこれを使って紫根石けんを作ります。

紫根インフューズドオイル。

きれいなワインレッドになった紫根オイル。
オリーブポマス1リットルに紫根20gを
2週間漬け込みました。
(紫根の量は適当。もっと入れたほうがよかった?)
(ちなみに今回は紫根を粉末にしてません。
 早くやってみたくて、粉末にする前に
 いきなりオイルに入れちゃったのよね)

レシピ6:紫根のはちみつ石鹸
・オリーブポマス(紫根inf) 300g
・精製水 90g
・苛性ソーダ 38g (DC:5%)
OP はちみつ 小さじ1
(トレース:5分後)

トレース早いポマスにインフューズドして
さらにトレースが早くなっていると思われたので
今回はペットボトル方式ではなく
普通にボウルに泡立て器の手混ぜ方式でいきます。

オプションのはちみつは
石けんの泡立ちに貢献するそうなので
泡立ちの悪いオリーブ石けんが
少しでもマシになればと思って入れました。


今回苛性ソーダ水を作って
はちみつをそこに先入れしました。
オプションのはちみつって、本などでは
少しのお湯で粘度を下げた状態のものを作り、
それを「トレース出た後に投入」ってあるけど
面倒だったので…。

蜂蜜先入れ苛性ソーダ水。

苛性ソーダ水の中でアルカリに反応して
猛烈に変色した蜂蜜(↑)。

ここで気づいたんだけど、
このはちみつの色って、紫根の色を変色させてしまうかも。
(紫根石けんにはちみつはやめとくべきだったのかも)
でもまあやっちまったものは仕方がないので
このまま続行です。


オイルと合わせて混ぜるとあっというまに
アルカリの反応でワインレッドだったオイルは
濃い紫のような、グレーのようななんとも言えない色に。
(写真撮ってる余裕なかった…)

予測どおりトレースは激早で5分後にトレースがでて
8分後にはやばいと焦りつつ型入れしました。

型入れから2日後、型出し前の写真がこちら(↓)。

はちみつ入り紫根石けん。

紫というよりはブルーグレーって感じ。
(やっぱはちみつ入れたのがまずかったのかな。
 それとももっとたくさんの紫根を
 漬け込むべきだったの?
 もしくは紫根を粉末にしてないから
 十分に成分が抽出されていないとか?)

今回トレースが重くて
表面がきれいになりそうもなかったので
使い捨てのフォークで模様入れてみました。

型出しから2日してからカットしました。
それからさらに2日してからの写真(↓)。

はちみつ入り紫根石けん、カット。

カット直後は内側に四角いラインが見えたんだけど
乾燥が進んだのか、消えちゃった。

この石けんの解禁日は3月18日。
PR

Copyright © イチマツ。 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]