忍者ブログ

イチマツ。

クロスステッチで花文字やフリーチャートを中心に、 ゆるーくステッチ中。

油つき原毛のフェルトボールでピンクッション。1

ステッチ以外のちくちくです。
羊毛のフェルトボールをニードルでちくちく作ってみました。

はるか昔(多分、一昨年??)に
セリアの羊毛フェルトでクッキーのチャームを作る、的なキットを
購入したきり放置してたんですが、
突如「そうだ、フェルトやろう」と思い立ったのです。

でもクッキーを作る気は最初からなくて、作りたいのはフェルトボール。
フェルトボールのピンクッションを作ってみたくて。

でもピンクッションにするなら針により優しい素材で作ってみたいと
初めてのくせにキットの羊毛ではなく
ピンクッション用の「油つきの原毛」でチャレンジ。
セリアのキットについてるニードルで
まるめた原毛をひたすらちくちくしてみました。

フェルトボール、石鹸水でくるくるすればもっと手軽にできるみたいだけど
せっかくの原毛の油を落とすわけにはいかないので
ひたすらニードルでちくちく。
(油つき原毛、やっぱり油つきだけあって
 ちょっと触っただけではそんなにわからないんだけど
 長時間ちくちくさわってると指先にしっとり感があります。
 これが針を守ってくれるんだと思うと石鹸水は使えない~)

まだちょっと小さいけど。

油つき原毛のフェルトボール。

使っている原毛はキットの羊毛みたいに毛流れが整えられていないせいか
出来上がりがちょっとぼこぼこな感じ(というか遊び毛が多い)になりました。

キットの羊毛で作ったらもっときれいに仕上がるものなのか
比べてみたくて今度はセリアのキットのピンクの羊毛をちくちく。

セリアのクッキーのキット、こちら(↓)でも売ってたんですね。


羊毛3色にニードルもついててこれが100円だなんて
私みたいな興味本位の人間のお試しにはほんとぴったり。

セリアの羊毛フェルトキット使用のボール。

写真左がキットのピンク羊毛全量のフェルトボール。
写真右は写真一枚目の原毛フェルトボールです。

ん、やっぱりキットの羊毛の方が仕上がりはきれいかも。

ならば原毛フェルトボールの上に、薄くキットの羊毛を巻いてちくちくしたら
見た目良く、実用的なピンクッションができるんじゃないだろうか。

ということで次回はそれです。


しかし羊毛フェルト、このちくちく具合、この無心の作業にはまる。
ピンクッションしか作る予定ないのに
セリアの羊毛とかダイソーの羊毛とか色数を集めたくなってきた~(笑)
PR

麻布館のリネンワッフルでミニブランケット。

前回に続いてリネンワッフルの仕立てです。
今回は春夏用に60×80cmのミニブランケット。
1枚仕立てで、周囲はダブルガーゼのテープでパイピング。

実はパイピングというものに今回初挑戦だった私。
私みたいな不器用かつ作業が大雑把な人間は
絶対縫い落としとかやりそうと思ってこれまで避けてきたパイピング。
でもまあ、今回みたいな直線しか縫わないものなら
なんとかいけるかも?と頑張ってみた。

パイピング用のテープ、
テープメーカー50mm(↓)を購入して作りました。


50mmのテープメーカーは大きい分、普通はお値段高いのに
こちらのショップはこの価格で送料無料なんてお買い得!

初めてのテープ作りは
最初、生地をテープメーカーの中に上手く押し込めなくて困ったんだけど
きちんと取説を読んで生地のはじめを斜めにカットして押し込んだら
あとはするするスムーズに出来ました。
(最初から取説はきちんと読もうよ、という反省)

そのテープで出来たのがこちら(↓)。

リネンワッフルのミニブランケット。

初めてのパイピングに挑戦した結果、
待ち針での仮止めのみでしつけ糸とかは省略しちゃったけど
縫い落としは1ヶ所だけで済み、
少し縫い直すだけで、無事ブランケットは完成しました。

なんとなく、生成りのミシン糸で縫ってしまったので縫い線が目立つけど、
初めてにしてはまあまあ許せる出来なんじゃないかと。
(次にパイピングするときはちゃんとミシン糸の色を生地の色と合わせようという反省)

これにもイニシャルをステッチしたリネンをタグっぽくつける予定~。

起毛リネンのフードつきストール。

以前から「これはきっと私でも作れる」と思っていた
フード付きのストール。

フードの部分の型紙さえ作ればすぐできるね、と思いつつも
ずっと作らずにいました。
(手持ちのパーカーとかから型紙作ればいいと思いながら
 ずっとやらなかったわけですね)

去年ティペットを作ったとき参考にした「cotton friend冬号vol.41」に


作りかたと型紙がついてたので重い腰がようやく上がりました。
(ストールピンも作ったことだしね)

作りだせばやっぱり簡単。
フリンジを作る手作業に少しかかったけど
全部で半日もかからないです。

起毛リネンのフードつきストール。

使用した生地は布伝説さんで購入の先染めチェックの起毛リネン。
(以前記事にしたとき、冬になる前に形にしたいなんて言ってたけど
 冬が終わる前に形にできて良かった……!)

手触りが良くて気に入ってる生地なので
ヘビーユーズできる予感。

あとはイニシャルのステッチでもいれればもっと愛着の持てる一枚になるはず。

…なんだけど、そちらはいつになるやら(笑)



ちなみにフード付きストール、月居さんの本にも作りかた載ってました。


この本にもフェイクファーのティペット、リングマフラー、
ケープの作りかたなんかが載ってるんだけど
リングマフラーを作ったらをファーを大量消費できそう~。

やってきた布切りはさみ。

先日母からはさみを貰い受けました。



美鈴という会社の布切りはさみ。
パッケージが違いますが、現行品だとこれ(↓)みたいです。

布切りはさみNSK【美鈴】300 洋...

布切りはさみNSK【美鈴】300 洋...
価格:3,675円(税込、送料別)



「昔に購入したものだけど、使ってないので持ってっていいよ」と
母が出してきた洋裁用のはさみは3本。

そのうち1本は母がたまに使っており、
私も過去になんどか借りたことがあって
「これ、よく切れる~!!」と思っていたもの。
でもそれを貰っちゃうのはなんか気が引けたので
それ以外の、ほとんど買ってきたときのままっぽい、
箱入りの状態の2本のうちの片方を貰いました。

正直、母が購入してから本当に十数年は経ってそうなはさみなので
いくらほとんど使われていないといっても
切れ味はそんなに期待してなかったんです。
(洋裁用としてはそんなに値が張るはさみでもないし)

でも、切れました~!!
はさみの歯の奥から刃先の先の先まで気持ちいいくらいに、すぱっと。
母のところにあるハサミとほとんど変らない切れ味で嬉しい。
(値の張るはさみに比べたら、たいしたこと無い切れ味かもだけど
 私が使うには十分な使い心地です)

やっぱ日本の刃物ってすごいですね。
母の保存の状態が良かったのかもしれないけど
こんなに長く使われてなくても劣化しないのがすごい。

使いやすい道具をくれた母に感謝です。


これでずっと使ってきた裁縫セットのハサミ(↓)とはお別れです。
(小学校のときの裁縫セットの付属品。もういい加減限界。
 切れ味ガタガタだけど、砥ぎに出すようなハサミでもないので
 ずっとそのまま使ってきました)

小学校の裁縫セットのはさみ

でも、まあ、長いこと使った道具で、愛着がないでもないので
家でのなんでも用のはさみとしてもう少し使おうかな??(笑)

夏休みの成果、その弐。ジャノメミシンの三巻き押えを知りました。

私のミシンはシンガーなのですが
叔母はジャノメミシンユーザー。

夏休み中に叔母のミシンをさわる機会があったんですが、
そこで羨ましかったのがジャノメの三巻き押え

ジャノメミシンの三巻き押えって
4mm用と、6mm用のふたつがあって、しかもそのふたつがセットで980円。
これ(↓)です。



私のシンガーの三つ巻き押えなんてひとつで800円だったのに、羨ましい!

お値段的な羨ましさはもちろんなんですが、
使ってみての感想というか、使いやすさも羨ましかった!

三巻き比較。

写真の上が私のシンガーの三巻き押えで処理したもの。
写真の下は叔母のジャノメの三巻き押え(6mm)で処理したもの。

(微妙にゆがんでいるのはもちろん
 ミシンのせいではなく私の腕のせいです)

シンガーの方は既製品のハンカチみたいに細~く三巻きができて
これはこれで素晴らしいんだけど、
これを使いこなすのはなかなかに難しくて…!
布送りをものすごくシビアに一定の状態を保って
送らないとすぐパンクするんですよね。
(私、今でも油断すると失敗します。
 三つ巻き押え使うときはものすごく気合を入れて
 一回練習してからでないと始められません)

その点、写真下のジャノメの三つ巻き押え(6mm)だと
6mmというちょっと幅広に仕上がる分だけ
布を巻きつけるラッパの部分も大きくて
布送りのシビアさが求められないので、失敗がない!
(初めて使った私でもこのくらいには仕上がりました)

うーん、これは羨ましい! 羨ましすぎる!!

イニシャル刺繍したリネンで
自分用のハンカチとか縫いたいと思うけど、
三巻きで失敗するとものすごくがっかりするんですよね。
シンガーの三巻きはきれいで好きだけど、
あのがっかりを味わうと心が折れちゃうのがツライところ(笑)

自分用なら失敗のないジャノメの三巻き6mmで十分な気もするし。
(今回は試さなかったけど4mmでもいけるかも?)

ああ、ジャノメの三巻き! 欲しい!

(新しいおもちゃに夢中の子供のように興奮中の私です)

今度ミシンを買い換えるときが来たらジャノメに転向しようかな。

ていうか、
シンガーも幅が広めの三巻き押えを作ってくれればいいのに!

Copyright © イチマツ。 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]